船橋で暮らしていた頃。

と言っても今年の初めだけども、

近所にタイムズの駐車場があり、毎晩22時頃に仕事終わりで通っていた。

 手にはコンビニで売ってる猫用のおやつ。

鰹とか帆立をささみ状にカットしてあるヤツ。

 そこの駐車場に大体黒猫が居て、通りかかる近隣住民からオヤツを貰ってて、

ワタシもそんな人の1人だった。


 いつ頃から餌付けし始めたのか憶えてない。

いつの日からか、通りかかると

「ニャー」っつってその猫がテクテク歩いてくる。

首輪してたから家猫なんだろうけど、肌の状態が良くなくて、

なんかイボみたいのが沢山あったのを憶えてる。

 警戒心が無くて、近寄っても逃げるどころか身体を擦り寄せてきて、

なんだか保護欲みたいのが湧いてしまった。


 実家に身を寄せてからも、何度かその駐車場を通りかかってはみるが、

あの黒猫をついぞ見かけない。

体調を崩して家にいるのか、あの警戒心のなさだから何か事故ったか。

 無事で居てくれる事をたまに願う。


 そんな一日。


  • 2018.09.16 Sunday 01:09
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク
  • - | -

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://monkey-style.jugem.jp/trackback/702
 
Eat Chicken with thanks
SPONSORED LINKS
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
リトルトーキョー殺人課 [DVD]
リトルトーキョー殺人課 [DVD] (JUGEMレビュー »)

ロサンジェルスノー
ケイサツカンノー
フタリムォコ(ロ)スンヌオァ
ヨグナァィ

史上最狂の「日本映画」
ドルフ・ラングレンに抱かれたい。
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.